consumer electronics
Japanese horizon

Horizon Featured on Japanese National Television

 

Japanese broadcaster, TBS (Tokyo Broadcasting Systems) recently visited Horizon International’s eFulfilment warehouse in Kent, United Kingdom to film a piece focussing on the potential impact of a “hard no-deal” Brexit.

The United Kingdom is scheduled to terminate its membership of the European Union (EU) on 29th March 2019.

Over the past 2 years, the British Government, lead by Prime Minister Theresa May has attempted to negotiate a mutually acceptable departure agreement with the European Union. The negotiated agreement was presented to the UK Parliament in January and rejected by a very large majority. Prime Minister May will re-present a slightly revised agreement to the UK Parliament on 12th March 2019, however it is anticipated that this will also be strongly rejected.

Horizon International Featured on Japanese Television – TBS

Unless an agreement can be reached with the European Union, the United Kingdom is faced with two options; a “No Deal” departure or an extension to “Article 50”.

Article 50 is a clause within the EU’s Lisbon Treaty which serves as a framework for departing members. Extending Article 50 would allow additional time to attempt to reach an agreement, during which the UK would remain as EU members and thereby avoid an immediate departure at the end of March 2019.

brexit

The potential impact of an immediate “No Deal” departure has caused a great deal of concern for UK businesses trading with the EU. It is anticipated that such a departure would result in significant disruption to United Kingdom / European Union supply chains – which may lead to shortages of food and medicine, much of which is imported from the European Union. As a result, many companies are stockpiling additional inventory in preparation.

Horizon International operate a 78,000 square foot warehouse facility located close to Dover Port. Dover is the primary port of entry for EU goods into the UK.

Horizon’s Aylesford, Kent Fulfilment Hub

Over recent months, Horizon has seen an increase in stockholding by existing clients – and a significant increase in tentative new enquiries. These enquiries have tended to be for short-term inventory storage.

Horizon has a great deal of expertise in managing customs compliance and global supply chains. As the 29th March approaches, our team are speaking with clients increasingly to assist in planning contingencies to mitigate the impact of a “No Deal” departure.

Horizon International’s eFulfilment hub offers a range of logistics services –

• Multi-Channel eCommerce
• Online Inventory Management.
• Pick & Pack.
• Webcart & ERP Integration
• Global Supply Chain.
• Vendor Management.
• Global Distribution.
• Retail Logistics.
• International Freight Forwarding
• Customs External Temporary Storage Facility (ETSF).
• Oceanfreight Container Loading/Unloading.
• Kitting, Sub-Assembly & Re-Working.
• Online Order Tracking.
• Returns Management.
• Short or Long-Term Storage

Our logistics solutions are designed to make eFulfilment easy. We take care of our clients products and offer scalable logistics services, giving them the ability to focus on growing their business.

Our ecommerce platform integrates seamlessly with webcarts & ERP systems; we manage freight planning, importing/exporting, customs clearance, kitting, inventory management, storing, pick/pack and despatch.

As an award winning global freight forwarding organisation, with 28 strategically located offices – we are able to manage entire supply chains from the point that our client places a purchase order with their overseas factory through to final mile delivery – “from creation to customer”.

In addition, Horizon International is one of very small number of British owned logistics organisations with our own offices in Tokyo for many years and such we are able to offer a market entry service for UK companies wishing to grow their business in Japan.

If you should wish to discuss the benefits of Japanese market entry or need help in planning Brexit contingencies, please contact our team –

日本の放送局である TBS (東京放送局) は、英国ケント州の弊社eFulfilmentの 倉庫を訪問し、「合意なき」離脱による潜在的な影響に焦点を当てた作品を上映しました。

英国は、3月29日2019に欧州連合 (eu) の加盟を終了する予定です。 過去2年間、英国政府は、テレサ首相によって、欧州連合と受け入れ可能な離脱協定を相互に交渉してきました。 交渉された協定は1月に英国議会に提出され、大多数によって却下となりました。 首相は、2月下旬に英国議会に若干の改正合意を再提示することができるが、これも強く拒絶されることが予想される。

欧州連合 (EU) と合意に達することができない限り、英国は2つの選択肢に直面します。「合意なし」での離脱または「第50条の1」の延長。第50条の1は、EU のリスボンにおける条項であり、会員が離脱するための枠組みに関して述べた条約です。 第50条においては、合意に達するための期日を延期することができ、その期間、英国は EU 加盟国として存続することができます。それによって2019年3月末の即時離脱を避けることが可能です。

即時の「合意なき」離脱による潜在的な影響は、EU と取引する英国企業にとって多大な懸念をもたらしました。 このような離脱は、英国/欧州連合のサプライチェーンに重大な混乱をもたらすことが予想されます–これは、欧州連合から輸入されている食品や医薬品の不足につながる可能性があります。 また、多くの企業が準備のために追加の在庫を備蓄しています。

弊社は、ドーバー港の近くに位置する78000平方フィートの倉庫施設を運営しています。 ドーバーは、英国への EU の商品のためのエントリの主要な港です。

この数ヶ月間、既存の顧客による在庫が増加しており、また短期的な在庫保管のための問い合わせを多く受けています。

弊社は、通関コンプライアンスとグローバルサプライチェーンの管理に多大な専門知識を有しています。 3月29日の期限が迫る中、私たちのチームは、「合意なき」離脱の影響を軽減する不測事態の計画を支援するために、顧客と話をしています。

ホライゾンインターナショナルの eFulfilment ハブは、さまざまなロジスティクスサービスを提供しています。

•マルチチャネル e コマース
•オンライン在庫管理。
•ピック & パック。
• Webcart と ERP の統合
•グローバルなサプライチェーン
•ベンダー管理。
•グローバル分布。
•小売物流。
•国際貨物フォワーディング
•通関外部一時保管施設 (ETSF)。
• Oceanfreight コンテナのローディング/アンロード。
•キッティング、サブアセンブリ & 再作業。
•オンライン注文追跡。
•返品管理。
•短期または長期の保管

当社のロジスティクスソリューションは、eFulfilment を容易にするように設計されています。 お客様の製品を管理し、スケーラブルなロジスティクスサービスを提供することで、お客様はビジネスの成長に専念することができます。

当社の e コマースプラットフォームは、ウェブカートやERPシステムとシームレスに統合します。; 私たちは出荷計画、輸出、輸入、通関、キッティング、在庫管理、保管、ピッキング/梱包、配達を管理します。

28の戦略的拠点を持つグローバルな貨物輸送機関として、お客様が海外工場との間で購入注文を行った時点から、最終配達まで、サプライチェーン全体を管理することができますー「製造から顧客先まで」。

また、ホライゾンインターナショナルは長年にわたり。日本に現法を持つ数少ない英国企業として、日本での事業拡大を希望する英国企業に対して、市場参入サービスを提供することができます。

日本市場参入のメリットについて話し合いたい場合や、EU離脱において支援が必要な場合は、チームにお問い合わせください。